<< 状況物語2 | main | 状況物語4 >>

スポンサーサイト

  • 2009.07.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


状況物語3

古本屋にて、私は沢山の本に出会いました。


中でも「月下の棋士」「イチロー252の言葉」「キングダム」「世界一の美女を創り方」「トップランナーの言葉」「黒髪の乙女の写真集」からは、

強い衝撃を受けました。

“音楽を追いかける”という使命から離れた私は、素晴らしいリフレッシュを感じていました。

どうやったらイチロー選手のようになれるだろう?

どうやったら、トップランナーに出られるだろう?


いったい、どうやったら大騎将軍のようになれるんだろう?


そう考えていると、不思議と力がこみ上げてきました。

なるほど、私に今欠けていたのは、こういうキラキラした向上心だったんだ!

そして、再び立ち上がった私は、呟き、

走り出しました。

「待っていろ、黒髪の乙女!」

内田が呟きました。

「動機不純だなー」

と。

スポンサーサイト

  • 2009.07.29 Wednesday
  • -
  • 21:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM