スポンサーサイト

  • 2009.07.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


状況物語3

古本屋にて、私は沢山の本に出会いました。


中でも「月下の棋士」「イチロー252の言葉」「キングダム」「世界一の美女を創り方」「トップランナーの言葉」「黒髪の乙女の写真集」からは、

強い衝撃を受けました。

“音楽を追いかける”という使命から離れた私は、素晴らしいリフレッシュを感じていました。

どうやったらイチロー選手のようになれるだろう?

どうやったら、トップランナーに出られるだろう?


いったい、どうやったら大騎将軍のようになれるんだろう?


そう考えていると、不思議と力がこみ上げてきました。

なるほど、私に今欠けていたのは、こういうキラキラした向上心だったんだ!

そして、再び立ち上がった私は、呟き、

走り出しました。

「待っていろ、黒髪の乙女!」

内田が呟きました。

「動機不純だなー」

と。

状況物語2

大分開いてしまった距離を縮めるべく、私は色々な作戦を決行しました。

まず行ったのは、「名曲」の作曲です。


以前は、“好きな”曲を表現するのに必死でした。

それはそれで大変な作業だったのですが、今回挑んだのは、

“沢山の人に愛される”曲です。


私は挑み、戦いました。それはそれは戦いました。

あの手、この手を使い、時には、足や頭やらも使い戦いました。

来る日も来る日も厳しい戦いは続き、お互いの疲れが極限に達しようとしたその時、



遂に!!!!!


砕け散りました。


私は負けたのです。


近づいたかに見えた距離は、また再び開きました。

なんてこったい。


その場にうずくまり、途方にくれた私の横に見えたのは、

ブックスーパーココノカという“古本屋”でした。


そこで私は、追いかけるのを止め、

「急がば回れ」という言葉を150回唱え、


寄り道を誓ったのです。

状況物語1

皆さんこんにちは、井田優之介です。

さて、

“ザ、バキューン”を解散してからというもの、色々な葛藤が僕自身ありまして
しばらく、音楽に対しての“考え方”が定まらない感じでありました。

あれだけ愛していたバンドを、まぁ解散しまして、なんでやねん!と思った方も多かったでしょう。

自分としても、決断しておきながら精神的にばたばたしてしまった事は反省しているのですが、

最近ようやく、整理ができてきまして、

以前使っていた携帯電話を引っ張りだし、なんちゃらカードを差し替えて、ブログを書き始めたのであります。こっちのが書きやすいので。


さて、今僕らブリックレーンは、“音楽で飯を食う”を目標に日々頑張っております。

バキューンは“音楽と向き合う”がテーマでしたので、

ミュージシャンとしては一歩前進といったところでしょうか。

その為、皆さんが驚くような展開が、

この先、多々起こるでしょう。

その度に、驚かず「頑張っているんだろうな」 と一言呟いて下さい。

その度に、それを感じとり、ほくそ笑みますのではい。



今日までの数ヶ月間は、実に苦しい期間でありました。

苦しさの原因は、わたくしの“自信の喪失”です。

ある日、

音楽が僕の手を離れ、何処か遠くへと旅行に出かけてしまいました。

「早く帰ってこないかな」
などと余裕ぶっこいてたら、それはどうやら旅行ではなく「家出」でした。

いやん。

気づいた時にはすでに遅く、音楽は私との距離を大きく稼ぎました。


ここから、“音楽”と“私”の追いかけっこが始まったのでした。

古本屋に魅せられて。

P2009_0509_113323.JPG
5月8日。


煙草を辞めて、読書をする時間が増え、

すぐに読む本がなくなる。

今日は起きてまず古本屋に行った。

「世界一の美女の作り方」という本と、対決用の漫画を購入。


今回のジャケ買いにはかなりの手応えを感じた。


めちゃめちゃ面白そう。

この対決は俺の圧勝になりそうだ。


夕方、はるなと会う。

話しをしていると思うが、はるなはとても太いメンタリティーの持ち主だ。

与えても与えても、潤わない。そんなストイックさがある。

それでいて果てしなく乙女。


最近は、なんだか充実している。

この調子で楽しく生きよう。

抜群の切れ味。

5月7日。

毎日やる事が大事。この年になり、ようやくその事に気がつく。


夕方、仲の良い友人と会う。

前回、「どちらが、ジャケ買いした漫画の方が面白いか」

という遊びを計画していたのだが、その事をすっかり忘れていた。


友人は見たこともないマニアックな漫画を買ってきた。

ちゃんと探してきた感じがして、忘れていた事が申し訳なくなった。


けれど、その健気かつ可愛そうな感じが可笑しくて
笑いが止まらなくなった。


すぐに読んでも良かったけど、読まない方が遊びとして面白い気がしたので、

俺が、次買ってくるまで読まない事にした。


このまま一生読まないのも、より哀れで面白いなと思った。

哀愁がある。

以前買ったまま読んでなかった「板尾日記」を読む。

淡々と書かれる数行の文章の連続に、何とも言えない心地好さを感じる。

そもそもブログって日記なんだよな。

こういう感じで書いてみよう。


5月6日。

昼、起床。起きてまず発声練習をする。

以前まで発声などほとんどしていなかったが、ここ最近“声”に対しての意識がまた高まってきた。


夕方から内田と会う。

割と久々に会ったので、お互いの最近の話やらバンドの話やらをする。

「ブリックレーン」という名前が、イマイチ俺らにハマってない。

という話が盛り上がる。

もう一回名前考えよう。という案が浮上した。

家に帰ると朝5時だった。

風邪薬を飲んで就寝。


内田が風邪っぽいと言い、俺もそんな気になったためだ。

おわり。

パネル攻略法

この携帯が文章打ちにくいのは、俺が慣れてないからだと思っていたのだが、


おそらくこのタッチパネル自体が原因だと気付いた。


まいった。


全くもって筆がのらない。こまったものだ。


何か良い方法はないかと箱を探してみると、タッチペンが出てきた。


さっそく試す。



が、指よりはまし。という程度。


いやー打ちにくい。


以前のような軽やかな文章が打てんではないか!



というわけで以前よりも文章がぎこちないです。

乱れる部屋

P2009_0506_151936.JPG
とりあえず部屋の散らかり方が半端じゃない。

今冷静に見渡してあせりました。

昔から片付けというのが大の苦手です。

なんて言うんでしょうかね、すごい面倒なんですね。

なんでも効率よくやりたいんですよ。

ちょこちょこ綺麗にするよりも、数ヶ月に一回綺麗にする方が負担が少なくて楽な感じするんですよ。


まぁ言ってしまえば、散らかってても全然平気なんですよね。


綺麗好きの人が羨ましい。

綺麗が好きなら、綺麗にしますもんね。


でもさすがに片付けようか。

なかなかひどい。笑

バースディ

実に清々しい朝である。

昨晩私は、遂に生まれ変わる事に成功したのだ。


奥歯に引っ掛かったようなモヤモヤがさっぱりとなくなり、
生まれたての自分とどうき合うかを考えているところだ。

氷が、コップいっぱいに張られている。

あとは水を注ぐだけ。

お手洗いにて。

P2009_0502_121712.JPG
今、トイレ行ったら人が入ってたから待ってた。

しばらくしたら、元気なばぁちゃんが出てきてこう言った。


「赤いのが入ってる印で、青が空いてる印だからね!」



…知ってるわ!

なんじゃそりぁ 笑

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM